音痴克服!すぐできるカラオケ音痴の直し方
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

声がひっくり返るのをコントロールする方法

突然ですが、高音を出そうとして、声がひっくり返ってしまい、
とても耳ざわりな音が出た経験はありませんか?

気分よく歌っていたのに声がひっくり返ると
とても気分が悪くなりますよね。

なぜ失敗したのか

その原因は、息が強すぎたからです。

息が強すぎると、声帯の閉じようとする力と、
息が声帯の隙間から出ようとする力がぶつかり
合ってしまうため、コントロールを失って
ひっくり返ってしまうのです。

なので、うまく移行するためには息を弱めることが重要です。

特に高くなるにつれ移行は難しくなるので、
高くなるに比例して息も弱めていくべきでしょう。

「息を弱めると、大きい声が出なくなる」
と考える人がいると思いますが、
その点は心配いりません。

少しの息でも、しっかりと声帯で息をつかめる
ようになれば、大きい声が出せるようになります。

なれないうちは小さい声しか出せませんが、
それは時間が解決してくれます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。