音痴克服!すぐできるカラオケ音痴の直し方
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

カラオケテクニック:美しいビブラートとは

上でも話したとおり、ビブラートには美しいビブラートと、
ただ不愉快なだけのビブラートがあります。

ここでは美しいビブラートと、そうではないビブラートは
どのようなものなのかを説明していきます。

基本的にビブラートの質を決めるのは、
「波の速さ、波の大きさ、波の一定」
の3 つによって決まります。

波の速さは、遅すぎるとすごくやる気のない
ような声に聞こえてしまいます

速すぎると、エキゾチックな感じで、
暖かみがまったくないです。

波の大きさも同じで、大きすぎるとやる気がなく聞こえ、
小さすぎると暖かみがなくなってしまします。

また、波が一定でないと、聞き手が音を予想
できないのでとても聞き心地が悪いです。

基本的に、美しいビブラートの速さは、
一秒間に6 回波を打ちます。

また大きさは、音程の7%の差で波を打ちます。

そして一定の波を描き続けます。

なので、この3 つさえ気をつければ、
美しいビブラートになるということです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。