音痴克服!すぐできるカラオケ音痴の直し方
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

ビブラートかけるときは、アゴとノドに注意

アゴとノド

よくビブラートをかけるのに、喉仏を上下させたり、
アゴを揺らしてビブラートをかけている人を見ます。

しかしアゴやノドを使ってビブラートをかけることは
あまり望ましくありません。

歌うときは極力、声帯への余計な圧力を避なければなりません。

しかしノドでビブラートをかけようとすると、
かなりの圧力を声帯が受けることになります。

また、アゴを揺らすと、アゴの下の筋肉に
必要以上に圧力をかけてしまいます。

その筋肉は声帯を動かす筋肉に繋がっているので、
結果的に声帯に圧力をかけてしまうことになるからです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。